スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライな気分

アジサイドライ
ふと、アジサイのドライフラワーっていいな。
なんて思ってみたりした。

でも、どこで売ってるか分からないし、
どうやらアジサイのドライってけっこうなお値段するらしい・・・

庭のアジサイで上手くドライフラワーできないかな。
ということで、ネットでいろいろ調べてみた。
すると私にもできそうな簡単な方法をみつけましたよ。

少しの水を入れて、そのまま放置すればいいらしい。
すんごい簡単でしょ。


右側のちっこいアジサイがすでにドライになってて、
左側ののっぽさんが、これからドライになろうとしてる状態。
こんな感じで色あせて、渋くていい色合いになっていくんです。

ノリウツギライムライト
アジサイの次にドライのターゲットになりそうなのはこのコ。
植木鉢で育ててる「ノリウツギ ライムライト」

アジサイに比べると繊細な花びらで、
ドライになったら、いい感じになりそうな予感・・・

ムフフ・・・ドライフラワーっていう新しい楽しみをまた見つけましたよ。
スポンサーサイト

お色直しホワイト編

お色直しホワイト編

またまた素焼き鉢のお色直しです。

今度はホワイト。
とりあえず、ムラムラになるように塗って外に放置。

これから少しずつ風化していい風合いになっていくのを
じぃー・・・と待ちます。

お色直しホワイト編

もとはこんなの。
つるりんとした色白の素焼き鉢でした。

桃美人

お色直しした植木鉢に「桃美人」さん入りましたー!
名前通りほんのり桃色の美人さんです。

ぷっくりぷくぷくでかわいいんだよなぁ~

アカムラサキ

ペラルゴニウムシドイデス

我が家の赤紫の花の中で、最近のお気に入りは「ペラルゴニウム シドイデス」

あらっ?赤紫じゃないかな。

ワインレッドといったほうがいいでしょうか。
深みのあるワインレッドの花は、小振りながら存在感たっぷりです。

ペラルゴニウムシドイデス

花もいいけど葉もステキ。
肉厚のシルバーグリーンの葉とシックな色合いの花との組み合わせ・・・。
なんともたまらんですなぁ~

あじさい

それからもうひとつ、「あじさい」

年々大株になってくれて頼もしい存在です。

それからそれから、
ついこの間手入れしたばっかりなのに、
すごい勢いで増え続けるミントの群生。

やはり地植えはまずかったかな。

そういえば・・・
「ミントを地植えするときは覚悟しといた方がいいよ。すんごい増えるから・・・」
ってアドバイスしてもらったことがあったっけ?

あ~ぁ、やっちゃった・・・。(苦笑)

アプリコットのイングリッシュローズ


アンブリッジローズ

アンブリッジローズの一番花!

お~
この色待ってました~。
ピンクがかったアプリコットのかわいこちゃん。

くんくん、くんくん、いい香り・・・

ミルラ香と透明感のあるアプリコットの花びら。
う~んうっとり・・・

アンブリッジローズ

アンブリッジローズ、朝の様子。

浅めのカップ咲き。
ゆでたまごみたいなコが真ん中にまだ残ってます。

アンブリッジローズ

夕方になると・・・

うわぁ、ピンク色。
まきまきのコロンコロン!一番好きな咲き方。
これで色がアプリコットだったら言うことなし!
なんだけどなぁ・・・

ジェーン・オースチン

続きまして・・・
ジェーンオースチンを真っ正面から。

この写真の花は、すごく黄色っぽいけど、
季節によっては淡くオレンジがかることもある。
この色の変化も楽しみのひとつなんですよねぇ。
それから、なんといっても 「か・お・り」
このバラを育ててみようと思ったきっかけは、濃厚な香りでした。

バラ季節になると、庭で「花」に「鼻」を近づいては、くんくん香りを確かめる
変なおばさんになっとります。
(あっ、変な・・・はいつものことかな?・・・笑)

でも、決して悪いことじゃないですよね。
アハハ・・・

チワワエンシス

多肉トリオ

先日黒くお色直しした植木鉢、こんな風に仲良く3つ並べてます。
左奥からチワワエンシス、樹氷、花うらら。
 
「じぃ~~」
こうやって多肉ちゃんが並んでる姿見てるのって幸せ。
調子に乗ってどんどん増やしちゃいそうです。
(すでにどんどん種類が増えてる。アレレ?・・・笑)


チワワエンシス

チワワエンシスに接近!
こじんまりとまとまった、かわいこちゃん♪

葉先がきゅぅ~~、
ほんのりピンクがたまらんです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。